とんど・左義長01

とんど焼き・左義長

とんど焼き・左義長 私が住んでいる地域も昔はやっていたようですが、ダイオキシンの関係で一切行わなくなりました
とんど焼き・左義長 おんべこんべという行事があります。どんど焼きにする竹を持って町内を練り歩くと無病息災で過ごせるという行事です。
とんど焼き・左義長 今月の15日の早朝に左義長が行われます。炭で字を書いた紙を長くつなげ、それを長い竹にくくりつけたものをどんど焼きで燃やしていました。字が綺麗になりますようにという願いを込めたものでした。もう今ではそんなことする人いません。お正月の飾り人形などを燃やしに来る人が多いです。正しく次世代に伝えたいですね。
とんど焼き・左義長 今年は福井勝山の左義長に子供を連れて参りますが、どんど焼きも楽しみの一つです。
とんど焼き・左義長 「左義長!?とんど!?どんど!? どれも知らない。。。」40代半ばにして“皆さんご存知の”のようなテーマを知らないことに赤面しながらWEB検索しました。なるほど、鹿児島で言うところの「鬼火焚き(おにびたき)」のことだったんですね。負け惜しみではなく、鬼火焚きの方が良い名称のように思います。
とんど焼き・左義長 近所の神社では今年も左義長があります。お餅を焼いて食べる人もいますが減ってきてます。ここ数年は分別できるようにゴミ箱も設置してます。お餅を捨てていく人もたくさんいてもったいないです。
とんど焼き・左義長 自分のところは1月7日に行われます。例年どうり近くの神社に正月飾りを納め燃えさかるご神火に今年の無病息災を祈りました。
とんど焼き・左義長 幼い頃、祖母に連れられ姉と一緒に近所のどんど焼きに参加していました。そこでもらえるぜんざいの味が美味しくて、今でもぜんざいを食べるとどんど焼きのことを思い出します。結婚して実家から遠く離れたところに住んでいますが、出産のため今年は里帰りしています。姉と姉の子供、祖母と一緒に今年は参加して、楽しい里帰り生活を送りたいです。
とんど焼き・左義長 地元の神社に行く予定です。
とんど焼き・左義長 無病息災を祈って焚かれた神の火・どんど焼きを、今年も年初め最初の週末に、地域の皆さんと一緒にお祝いしました。この熱に触れると、一年間病気にならないと言われているそうです。そして参加した子供たちの一番の楽しみは、この神の火で焼かれたお団子。真っ赤な炎に「団子刺し」をかざし、あるいは「するめ」を炙って頂くと、健やかな一年を送ることができるとの由、子供も大人も「熱い!熱い!!」と言いながら、一年の無病息災を、神の火に祈りを込めて行っていました。
とんど焼き・左義長 地元の総社のどんど焼きは、近所から煙などのクレームが来たため、今年からなくなりました。除夜の鐘に文句をつける人といい、少しずつ良き日本が崩れていきますねぇ
とんど焼き・左義長 成人の日が15日だった頃は、松の内を過ぎてからだったのに…今年はすごく早くて1月7日(日)にはもうやってしまいました。
とんど焼き・左義長 地元に帰れてないので、今年のとんどには参加できず。残念。
とんど焼き・左義長 とんど神事お疲れ様です。また良い一年になりますように。
とんど焼き・左義長 15日に左義長があります。近くの神社でやる予定です。そういえば、去年は雪だったんです。今年はどうでしょう?
とんど焼き・左義長 毎年とんどが干支のとんどを作ってみるのが楽しみです。燃えるのが切ないです
とんど焼き・左義長 今年のとんどは、近所の広場で行いました。正月のお飾りや書き初めを燃やすのですが、やはり私達の頃よりも、子供の数が少なくなっていますね。ちょっと寂しく感じました。
とんど焼き・左義長 父親が、近くの神社の町内氏子代表なので、15日は朝早くからどんど焼きのお手伝いに行きました。それを追いかけて、おじいちゃん子の長男も一緒に朝早くから神社に行き、氷点下六度の寒さにほっぺを真っ赤にしながら帰ってきてから小豆粥をほおばっていました。
とんど焼き・左義長 書き初めを持ってきてた子供たちがたくさんいたのですが上手な子が多いのに驚きました。最近の子供は習字が上手なんですね
とんど焼き・左義長 近くでやっていたが寒くていかなかった
とんど焼き・左義長 大宮八幡宮のどんど焼きに参加した。平日にもかかわらず300人ほど集まり大盛況。炎が天高く舞い、幻想的な雰囲気に。熱気で体がポカポカしたが、帰りは反動で寒い思いをした。
とんど焼き・左義長 この地域ではどんど焼きです。小雪がちらつく中行いました。
とんど焼き・左義長 引っ越しをして初めてのどんど焼き。うちの方は朝7時頃から太鼓を叩いて練り歩くらしく、朝から少し怖かったです。
とんど焼き・左義長 左義長という言葉を 初めて知りました。
とんど焼き・左義長 今年は近くの神社で成人の日にとんどまつりに参加しました。青竹の燃える音をききながら家族みんなでつきたてのお餅を頂き今年の一年の無病息災を願いました
とんど焼き・左義長 今年も近所の神社の左義長に行ってきました。しめ飾りなどを火にくべて、正月気分がようやくとれました
とんど焼き・左義長 今年の左義長は場所がなく以後やらないそうですプラスチックが外されてないのも原因のようです
とんど焼き・左義長 わたしの生まれた町の神社では、どんど焼きの時に竹に刺したみかんを一緒に焼きます。それを持って帰って、神棚にお供えして、その年一年の家族の無病息災を祈念して、その後、家族で食べます。焼いたみかんは、あまりおいしくなかったけれど、
とんど焼き・左義長 私の身近なとんどは…宮島では、14日に厳島神社の前の浜で行われました。たくさん積み上げられた役目を終えた御守りが大きな山を作り、集まられた方々の祈りと共に、海と神社を背に天高く炎となり煙となり昇っていきました。私の願いはもちろん家族,友人の無病息災。そして…婚活卒業。
とんど焼き・左義長 今年はかなりの大雪で…町内の左義長が中止になりました…こんなに降るなんて初めてです。
とんど焼き・左義長 田舎ですので、毎年とんど祭りは開催されています。以前は1月5日と決められていましたが、世代が変わり若者が参加時代となりました。仕事始めが1月4日の会社が多いため、4日に出勤して5日に休むというのは若者から批判が噴出し、1月の5日以降の最初の日曜日に開催と変更になりました。色々な行事が縮小・廃止されるのは寂しいですが、それも良いことだとこの頃感じるようになりました。
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長
とんど焼き・左義長