• オンラインショップ
  • 商品紹介
  • 店舗一覧
  • 資料室
  • 談話室

ホーム > 会社案内 > 沿革

会社案内

ごあいさつ
概要
沿革
理念
ネットワーク
CSRへの取り組み
一般事業主行動計画

沿革

明治10年 1月  杉田太吉、神戸市中央区元町三丁目において『紅花堂』の屋号により「瓦せんべい」の製造・販売を始める。
明治17年 1月 屋号を高砂屋と改め、「瓦せんべい」に併せ、和菓子の製造販売を始める。
明治30年 従来の「江戸きんつば」に改良を加え、神戸名物「高砂きんつば」として売り出す。
大正11年10月 杉田太吉の後を継ぎ杉田政一斯業を継承する。新商品「パピロ」を発売。
昭和20年10月 屋号を『本高砂屋』と改める。
昭和25年  フランス菓子「クリームパピロ」を改良、新発売。
在阪百貨店との取引開始。
昭和28年 1月 株式会社本高砂屋設立。初代社長に杉田政一就任。
昭和30年 昭和30年以降漸次全国有名百貨店と取引開始し、販路拡張。
昭和43年 6月 御影工場社屋竣工。
昭和45年11月 本山工場を新設。
新商品「エコルセ」を開発し、発売。
昭和47年 新商品「ショコラエコルセ」を発売。
昭和48年 4月 杉田政二、代表取締役社長に就任。
昭和48年 5月 新商品「果心庵」を発売。
昭和50年 4月 新商品「マンデルチーゲル」を発売。
昭和51年 2月 本山工場南側に本社社屋を竣工。
昭和54年 新商品「モンロワ」を発売。
昭和58年11月 香港に現地法人 HONTAKASAGOYA(H.K)CO.LTD設立。
昭和59年 5月 新商品「パスパーラ」を発売。
昭和62年11月 新潟工場新設。和菓子を中心に製造。
平成 元年 4月 杉田肇が代表取締役社長に、杉田政二は代表取締役会長に就任。
平成 2年 9月 六甲アイランド(現在地)に本社社屋と物流棟を竣工し移転。
平成 6年 5月 本山工場を六甲アイランドの本社工場と第二工場に移転。
平成 7年 1月 阪神淡路大震災により第二工場休業。
平成 8年 9月 新潟工場増設工事竣工。
平成 8年 9月 御影『高杉』をオープン。
平成 9年 3月 新商品「高砂金鍔・銀鍔」を新発売。
平成11年10月 製造会社、販売会社、企画会社の三社を合併。
平成11年 きんつば100周年記念キャンペーンを全国で展開。
平成12年 主力商品のエコルセ発売30周年キャンペーンを全国で展開。
平成13年 3月 21世紀に向け「エコルセ」をモデルチェンジして新発売。
平成15年11月 元町本店店舗拡張。和菓子館・洋菓子館を新設。
平成16年10月 「御影高杉芦屋店」を芦屋にオープン。
平成16年12月 「満願堂羽田空港店」「むほうあん胡麻処」を羽田空港にオープン。
平成19年 創業130周年記念イベントを全国で展開。
平成19年 6月 夏季限定エコルセ「アイシーエコルセ」を発売。
平成22年 1月 東京支店を東京駅に近い、中央区八丁堀に移転。
平成29年12月 「NakamuraChocolate岡本本店」を神戸市東灘区岡本にオープン。

このページの先頭へ